Zero to Darwin Project
NEWS
 ZDP SHOP
パーツ販売
 Wiki
BBS/LINK/EVENT
 メーリングリスト
SOLAR-PAL
 ZDPの歴史

 BackNumber〜2021夏1

 「Mg-Day in TOKYO III at TAMAGAWA‐UNIV」オンライン開催 2021/06/26 10:00

マグネシウム循環社会型社会の実現を目指す 一般社団法人マグネシウム循環社会推進協議会は、マグネシウムの循環活用を取り入れた事業内容と活動状況の発表を行う場として、7月21日に東京町田市の玉川大学にて「Mg-Day in TOKYO III at TAMAGAWA‐UNIV」を開催する。
会場での講演はWeb会議で閲覧することが可能。参加申し込み方法は、添付開催案内参照。参加申し込みの締め切りは7月10日。(s)

日時:2021年7月21日(水) 13:30〜16:30
会場:玉川大学「Consilience Hall 2020棟 Next Gen. Mobility Workshop)」からオンライン配信

開催スケジュール:
13:30 開会
13:35〜13:45 @ご来賓挨拶(予定)
 内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 地域経済課 課長 大城 弘文
 佐賀大学 海洋エネルギー研究センター長 教授 池上 康之
13:45〜14:10 A活動概要説明 「なぜ久米島か?」
 一般社団法人マグネシウム循環社会推進協議会 代表理事 熊谷 枝折 会長 坂本 満
14:10〜14:40 B講演1 「マグネシウム空気電池と太陽電池を組み合わせたハイブリッド・ソーラーカーの可能性」(実証と展開)
 玉川大学 工学部 エンジニアリングデザイン学科 斉藤 純
14:40〜15:00 (質疑応答)10分 (休憩)10分程度 ☆走行動画等
15:00〜15:20 C講演2 「エネルギー・キャリアについて」
 東海大学 工学部 電気電子工学科 木村 英樹
15:20〜15:40 D講演3 「マグネシウム空気電池としての開発・展開状況」
 藤倉コンポジット(株) 技術開発部 高橋 昌樹
15:40〜16:25 E質疑応答及び公開ディスカッション「Mgのエネルギー・キャリアとしての可能性と実現性について」
 座長
  東海大学 工学部 電気電子工学科 ユニバーシティビューロー・シニアマネージャー 木村 英樹
 コメンテイター
 【現地】東京電機大 工学部 先端機械工学科 西村 一郎、
     玉川大学 工学部 エンジニアリングデザイン学科 斉藤 純、
     藤倉コンポジット(株) 技術開発部 高橋 昌樹
 【Web】産総研ゼロエミッション国際共同研究センター 吉澤 徳子
     日本ケミコン(株) ソリューション開発部 菊田 剛広 他
16:30 閉会

別紙:
Mg-Day in TOKYO V at TAMAGAWA‐UNIV / Mg-Day_in_TOKYO_III_20210721.pdf

関連リンク:
一般社団法人 マグネシウム循環社会推進協議会 https://www.soleil-energy.jp/

追記(2021/07/13):
参加申込書を添付します。申込書の送付先は s-kumagai@ksf.biglobe.ne.jp まで。


▲TOPへ戻る


Copyright © 1995-2021 Zero to Darwin Project All rights reserved.
当サイトに含まれる画像・PDF等の無断転用を禁止します。
当サイトに関するお問い合わせはこちらから。