Zero to Darwin Project
NEWS
ZDP SHOP
パーツ販売
Wiki
BBS/LINK/EVENT
メーリングリスト
SOLAR-PAL
ZDPの歴史





2011年仕様を解説。

カラー6PでTokai Challengerを図解。

2009年優勝を獲得した早さの秘密を、解き明かす。

カラー8PでTokai Challengerのテクノロジーを図解。




BrainSport関連ニュース募集中!

www.zdp.co.jpでは、掲載するソーラーカーやWEM等のBrainSport関連ニュースを募集しています。大会情報、レポート記事、パーツ販売詳細等々お寄せください。連絡はフォームからどうぞ。記事に関するご意見ご感想も、お待ちしています。

本サイトで取り扱う、BrainSportと呼ばれる競技を目的としたソーラーカーやEV(電気自動車)エコランは、競技目的のみに設計・製作され、競技の為にエネルギーを使用する為、直接的には地球環境にやさしくありません。しかし、この競技に参加する過程で知る事となる、省エネルギー技術の難しさと面白さは、環境問題に取り組む現役の、将来のエンジニアに必要な経験であると、私たちは信じています。本サイトは、この事を一人でも多くの方に知ってもらうために、有志によって運営されています。

WebチャットZDP TALK(最終更新日: 2014/06/15(日) 06:48 ) - Wiki/BBSとみんなで作るLINK/EVENTカレンダ (最終更新日: 2014/10/11(土) 18:31 )

Facebook&Twitter

 2014WEMGP 第4戦 袖ヶ浦2 2014/10/05 18:00

2014WEMGP第4戦、2014全日本EVシングルシーター・エコランGPチーム選手権シリーズ第2戦。
九州の南をゆっくりと移動する大型で非常に強い台風18号からの雨雲により、関東地方は未明から雨。WEMGP開幕戦につづいて、今シーズン2度目の開催となる袖ヶ浦フォレストレースウェイでも、朝から強い雨が降り、スタート前にはホームストレートのイン側に、深さ数センチの川が出現。コース上の水たまりも、深いところでは100mmを超える深さとなっていた。

車高が極端に低く、防水対策も乏しいエコランカーには、非常に厳しいコンディションとなり、出走を取りやめるチームもある中、予定より5分遅れの11:20に決勝レースはスタートした。スタート後、雨は弱まる見込みも無く気温も低いことから、一時はレース時間を1時間短縮する事も検討されたが、結局出走全チームの同意が得られず、予定通りの2時間で決勝レースは行われた。





FLASHが表示出来ない場合、写真はこちらから

優勝は、チーム”ヨイショット!”ミツバ/ULTIMATE TESLA '14(14周)。雨の視界対策としてフロントカウルを取り、ピットからのスタートを切ったが、徐々に順位を上げレース半ばでトップに立ち、チェッカーまで逃げ切った。2位にTeam ENDLESS/リボン Go!(14周)。キャノピーが車体上部に出ていて視界が良く、防水性も高く悪天候に強く、今回も安定した走りで上位入賞。3位first step AISIN AW/つばさ54号(14周)。序盤、キャノピーの水滴と曇りで視界が悪く、ピットインでキャノピーに窓を開けてコースへ復帰。その後は上位を追い上げ、終わってみればポディウムへと食い込んだ。

フロントカウルを取り、ピットスタートから一時は3位まで順位を上げていたZDP/Tachyonは、最後の30分で失速し5位。WEMGP戦で2位につけ、GP戦トップのつばさ54号との差を詰めたかったPROJECT MONO◇TTDC/MONO-Fは、モータコントローラへの浸水でピットインを繰り返し、結局7位という結果に終わった。WEMGP戦ランキングでは最終戦を残しているが、今回の暫定結果で、GP戦2位のMONO-Fが最終戦で優勝しても、逆転ができない点差となった為、first step AISIN AW/つばさ54号のシリーズ優勝が確定した。

2014WEMGP戦は、次回11月8日に千葉県成田市で開催される2014NATS EV競技会で最終戦を迎える。(s)

追記(2014/10/09):
2014 World Econo Move Grand Prix公式サイトにて、第4戦終了時のポイントが発表された。トップはfirst step AISIN AW/つばさ54号で、80ポイント(4戦)、2位のPROJECT MONO◇TTDC/MONO-Fは66ポイント(4戦)14ポイント差だが、GP戦のポイントは出走した大会の上位成績4戦の合計となる為、仮に最終戦でMONO-Fが優勝しても13ポイント(優勝24Pから、参加4戦で最も低い11Pを引いて合計13P)しか獲得でき無い為、逆転不可。3位に浮上したTeamENDLESS/リボンGo!は3戦合計で53ポイントだが、こちらも優勝してもトップに届かない為、first step AISIN AWのシリーズチャンピオンが確定となった。

関連リンク:
JEVRA 日本電気自動車レース協会
2014 World Econo Move Grand Prix
Orange Wary Tech's diary

 2014WEMGP 第3戦 2014電気自動車エコラン競技大会 in SUGO 2014/08/25 22:00

2014WEMGP第3戦、2014電気自動車エコラン競技大会in SUGO。毎年夏のSUGOで開催されるEVエコランレースは今年、記念すべき20回目の開催となった。

8月24日2時間の決勝レースは、真夏を感じる強い日差しの中、午前11時にスタート。序盤、昨年覇者でありながら、昨日の公式練習ではコントローラ不調で記録が残せず、本日の決勝レースは最後尾からのスタートとなったfirst Step AISIN AW/つばさ54号。コントローラーのトラブルの再発に備えて遅いペースでスタートを切るが徐々にペースを上げ、3周目には4分0秒台までペースアップ。7周目には全車を追い抜き、トップへ浮上。しかし、それもつかの間、スタート約30分頃に右前輪パンクで停止。結局レッカーに回収され修理後コースへ復帰するが、50分程度のロストなってしまい優勝争いからは脱落。代わって再びトップに立ったのは、公式練習でトップタイムをマークしたPROJECT MONO◇TTDC/MONO-F。しかしこちらはレース半ばで、ドライバーが脱水症状気味となり、予定外のピットインでタイムロス。Team ENDLESS/リボンGo!もパンクと、上位常連は、次々とトラブルに見舞われる展開となった。



FLASHが表示出来ない場合、写真はこちらから

優勝は、地元仙台工業高等学校定時制/不撓不屈03(23周)。2位矢板高校 機械技術研究部/ブルーインパルス14-B(20周)、3位同ブルーインパルス14-B(19周)と、淡々と2時間をノントラブルで走り続けたジュニア(高校生)クラス勢が、表彰台を独占。オープンクラスの最上位は、4位のPROJECT MONO◇TTDC/MONO-F(18周)という結果に終わった。(s)

追記(2014/08/29):
2014 World Econo Move Grand Prix公式サイトにて、第3戦終了時のポイントが発表。トップはfirst step Aisin AW/つばさ54号(64ポイント)。2位PROJECT MONO◇TTDC/MONO-F(55P)。菅生優勝の仙台工業高等学校 定時制/不撓不屈03(40P)が3位に浮上。次戦第4戦 2014全日本袖ヶ浦EVエコランGP2時間レース大会Rd.2(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)は、10月5日開催。

関連リンク:
2014 World E.V. Challenge in SUGO - World EV Challenge in SUGO
JAF公認クラブ 奥州ビクトリーサークルクラブ Official Web Site
2014 World Econo Move Grand Prix

 ソーラーカー関連書籍データベース2013 2013/09/17 00:00

2004年1月10日に、ソーラーカーについて書かれた本についてまとめましたが、ひさびさに最新情報に更新します。左側は本の表紙の画像、右欄はタイトル、著者、コメント、キムヒデポイント、出版社、ISBNナンバー、発行日の順となっています。なお、★のキムヒデポイントはソーラーカー競技に携わる人にとって、面白いかどうかという観点からつけています。ここでは、ISBNブックナンバーがあるものを紹介しています。雑誌、書籍等の中で紹介されている例もありますが、書籍としてソーラーカーを取り扱ったものを対象としました。(k)

>>>続きを読む

レーシングソーラーカー入門


『レーシングソーラーカー』
彼らは、太陽の光を力にして誰よりも速く走るために、生まれてくる。

>>> レーシングソーラーカー入門

EVエコラン入門


地球温暖化対策として、今再び注目を集めるEV-電気自動車。
その技術的課題に対して、エンジニアとして挑み、そして楽しむ競技、『EVエコラン』とは?

>>> EVエコラン入門

Google
Web www.zdp.co.jp

 


▲TOPへ戻る


Copyright © 1995-2014 Zero to Darwin Project All rights reserved.
当サイトに含まれる画像・PDF等の無断転用を禁止します。
当サイトに関するお問い合わせ、写真貸出しのお問い合わせはフォームからお願いします。